東京でより高値でジュエリーを買取してもらう方法

自宅に眠っているジュエリーを買取してもらいたいと思った時、あなたならどうやって買取先を探しますか。検索で探しても、高値で買取をしてくれるかなど、わかりません。特に東京は店舗も多いのでなおのことです。では高値で買取してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。まず、石のみは買取が断れる場合があること、「鑑別書」は品質保証になるのである場合は持っていく方がいいです。この二つは覚えておきましょう。宝石の買取は店舗により査定額が10万円以上、差が出る場合があります。では高値で買取をしている店舗は何が違うのか、査定に自信を持つことができるかです。宝石は買取後転売されますが、そこで更に鑑定が行われます。買取金額よりも安く買い取られる可能性があるのです。そのため確かなパイプを持っている場合は買取額が高い傾向にあります。悩んだら買取額を決める前に相談もできます。

東京でジュエリーの買取をしてもらう際気をつけること

ジュエリーの買取に大切なのは石だけではありません。台座として使われている成分も大切なのです。金、プラチナといった素材も重要です。買取店の店頭に「本日の金・プラチナ価格表」といったものが置かれている場合がありますが、これらは毎日変動するものの為です。検索をすれば自分でも調べることができるので、安くない日を狙いましょう。特にシンプルリングの場合は主役となるので気を付けましょう。シンプルリングにダイヤなどのジュエリーが埋め込まれている場合は必ずジュエリー買取のお店に行きましょう。貴金属専門店の場合、ジュエリー部分が鑑定されない場合があります。またジュエリーのみならず、洋服など多様な品物買取店はマニュアル鑑定の場合があるので、専門の鑑定士がいる専門店を選びましょう。東京は専門店も多くあります。

ジュエリーの買取、東京の何店舗かで査定を

先も話した通りジュエリーの買取価格には店舗によってかなりの差が付きます。そのため一つの店舗で決めず何店舗かで査定をしてもらいましょう。東京ならやはり銀座がいいです。その他ネットのランキングを参考にして回るのもいいでしょう。査定を待っている間どのくらいの価格になるのか気になります。簡単な目安として査定時間が短いところは買取価格も安くなります。例えばダイヤモンドなら、4Cと呼ばれるカラット・カラー・クラリティ・カット以外にも様々な付加価値があり、組み合わせは何万通りもあるといわれます。また、ルビーなどの色がつた石(通称色石)は鑑定が難しいといわれています。それに加え傷なども見なければならないので、10分や15分で終わるわけがなく、長く時間がかかるのは当たり前なのです。したがって査定時間が短いところは詳しく見ないため鑑定額が安いのです。