バレエのレオタードでジュニア向きのものの選び方

バレエのジュニア向きのレオタードを選ぶときは、まず体にフィットする、サイズが合ったものを選ぶことが必要です。バレエの場合は特に姿勢や身体の使い方が重要になるので、慎重に選ぶべきでしょう。また、子どもにとってのレオタードは、それを着ることが嬉しくてレッスンに行きたくなるようなものを購入することも大切です。子どもが好きなものには個人差がありますが、女の子ならかわいらしい色やデザインのものを好む可能性が高いです。そして特に初めて着るものは、その子にとって大切な宝物となり、その後のレッスンに対するやる気に影響を与える場合が多いので、高価なものでなくてもある程度質が良くて着やすく、レッスンに集中できるようなものを選ぶと良いでしょう。また、せっかくお気に入りになっても、手入れが難しくてすぐにまた買い替えることになるのはもったいないので、できるだけ手入れがしやすいものを選ぶようにすることをお勧めします。

バレエを習う際のジュニアレオタード

バレエを習い始める時は、色々と用意するものがあります。その一つにレオタードがあります。このレオタードは習う教室によって違いがあるので、まずは教室を見学に行き、他の生徒がどのようなものを着ているのかをチェックすると参考になります。例えば、伝統を重んじるタイプの教室では、チュチュのついているタイプのものは、正しい姿勢が分かりづらいので着用しないようにしているところもあります。その場合は、シンプルなものを選びます。しかし、小さな子供はかわいいデザインのものを着用してもいいというところもあります。小さいうちは、かわいい衣装に憧れている子もいます。そこから、バレエを好きになってほしいという意図もあるようです。ジュニアになっていくと、シンプルなものに切り替えるという教室もあります。最近では、ネット通販で注文も出来ます。

バレエに入会してレオタードとジュニア用の用具を

バレエ教室に通うことで、普段、意識することがない背骨や首や鎖骨など、バレエ教室でレッスンすることによって、自然と日常生活でも姿勢がよくなるので、小学生のころから始められる方もいらっしゃいます。教室には、ジュニア教室も御座いますので、入会して可愛らしいレオタードを購入することですね。教室では、レオタード以外にジュニア用のリボンなど売られているので、必要であれば、購入されることですね。同年代の方だけ習ってらっしゃるので、お友達が出来ることも多いです。トウシューズは、レベルが上がってきてからなので、初心者の方は用意しなくても大丈夫です。レオタードの種類も腰にフリルがついているものもあるので購入する時は、その子にあったものを選んであげることです。女の子なので、体は軟らかくしておくことが重要なので、最初は硬くても続けることで徐々に軟らかくなってきます。